かなざわ助産院にて『月見はり』開催!

秋分も過ぎ秋本番!
昨日は栗を食べ、秋の到来を感じました。
秋といえば、中秋の名月のお月見🎑
お月見といえば、中秋の名月に行う『月見はり』
10/4月の中秋の名月にかなざわ助産院にて"月見はり"開催します!
"月見はり"って何?
250年前(江戸時代)から特に関西で、中秋の名月に"小児はり"をすると一年健康に過ごせると言い伝えられ、小児はりをする習慣があります。
中秋の名月の小児はりは特別なのです。
小児はりは刺しません。
金属の棒のようなもので肌を撫でていきます。
肌を撫でることで皮膚を整えて体のバランスをとるはり療法です。
羽毛で撫でられるような気持ちよさで、子ども達は小児はりが大好きです。

◎《中秋の名月の"月見はり"》◎
日時:10/4(水曜日)13時〜15時半
内容:月見はり(小児はり)体験
対象:生後1ヶ月〜10歳
参加費:1人/800円
場所:かなざわ助産院(豊田駅から徒歩8歩) 
月見はりをする人: 佐伯 有香(鍼灸師・はり灸治療室るんびに院長)
月見はりは1人5分程度です。
参加ご希望の方は時間内にお越し下さい。
15時以降は予約の方のみとさせて頂きます。
予約の方を優先して月見はりを行います。
(予約なしでも参加できますが、お待ちいただく場合がございます。)
お問い合わせ・ご予約は、はり灸治療室るんびにまで。